CurioSCREEN

子どもの可能性を無限に引き延ばす

「CurioSCREEN」は、子供たちが描いた絵が、海中や宇宙空間に現れてタッチに連動して動く、知育プログラムです。動体察知型 疑似体験機能である「CurioSCREEN」を使えば、園児の思考を促し、人との関わりや繰り返し型の学習活動により子どもの「気づき」を高めることができます。

【監修】宮崎大学 教育学部 准教授 湯地敏史先生

現在、保育園で使用されている知育ツールを、“CurioSCREEN” に置き換えることが可能です。
単に置き換えただけでも、今までの知育ツールに比べて、「没入効果」「再現性」「説得力」の面で高い効果が望めます。

現在、保育園で使用されている知育ツールでは出来なかったことが、“CurioSCREEN” の機能で出来るようになります。今までの知育ツールでは不可能な計り知れないアドバンテージで、「体験効果」「参加性」「共有力」の面で大きな効果が望めます。

“CurioSCREEN”コンテンツは今までの知育ツールより効率的で効果的です。
▶︎「促進効果」「信頼性」「推進力」

絵本や紙芝居をCurioSCREENに置き換える
より視覚的で想像力を刺激する
▼▼▼

物語に参加できたり、疑似体験ができたりする
より体験的で共感力を豊かにする
▼▼▼

自然と、興味を掻き立てられ、それを助長していきます
探究心と向上心が身につきます

遠足をCurioSCREENに置き換える
より簡易的で天候にも左右されない
▼▼▼

普段いけないところにも行くことが出来、観察できる
より実践的に物事を知ることが出来る
▼▼▼

自然と、興味を掻き立てられ、それを助長していきます
生物や植物に対して理解を深めます